長期的に家を空けるならリロケーションをするのが得策

賃貸経営で赤字を回避

男性

家賃保証は、滞納や空室などによって赤字が発生することを防ぐために利用されているサービスです。利用すれば、毎月安定した家賃が保証会社から支払われるようになります。ただし家賃の約10%が保証料として差し引かれるので、それを考慮した家賃設定が必要となります。もちろん相場に合わせることも大事です。

More...

マンションを快適に

集合住宅

マンション管理会社は数多くあり、その業務の質も様々です。共有スペースの管理を任せることになるので、信頼できる会社を選ぶことが大切ですし、きちんとチェックをしてくれるスタッフがいることも大切です。契約書にサインをする前に、きちんと自分の目で内容を確認します。

More...

持ち家の活用方法

貯金箱

一定期間のみの貸し出し

リロケーションとは、持ち家を一定期間だけ貸し出すことです。リロケーションとは、もともと配置転換や移行といった意味をもつ英語です。不動産業務におけるリロケーションは、持ち家を自宅、賃貸物件、自宅として役割を変えることになるため、このようなネーミングがつきました。リロケーションが活用されるのは、海外転勤や一時的な引っ越しなどで、一定期間だけ持ち家を空けなければならない場面です。家は留守にしておくとあっという間に傷んでしまいます。換気や修繕など管理を行うために専用の仲介会社に依頼するのも一つの手ですが、それでは費用が追加で必要となってしまいます。そうなると、住宅ローンに加えて引っ越し先での家賃、管理会社の費用と三重の費用が必要になり負担は非常に大きくなってしまいます。リロケーションならば、管理会社への費用が節約でき、その代わりに家賃収入も得られるため、二重の節約効果が得られます。一定期間だけという点をあらかじめ入居者に勧告して貸し出す制度なので、明け渡しもスムーズです。リロケーションには、所有者が直接貸し出す方法と、仲介会社が貸し出す方法があります。所有者が直接貸し出す方法では、入居者の選定を自ら行うことができるため、信頼できる入居者に貸し出せるという特徴があります。一方、仲介会社に依頼するという方法を用いると、入居者募集から任せることができます。これにより、自ら実施する作業を大幅に減らせます。あらゆる点で手間がかからないというメリットがあるのです。

情報を集めるために

セミナー

不動産投資にとって必要なのは、物件を扱うための知識と情報です。これから投資しようとしても、どの物件が良いか選ぶことは難しいもので、そのための情報を集めるのに最適なのが不動産投資セミナーです。有料のセミナーもありますが、無料のものが多く相談会もセットになっているので上手く活用したいものです。

More...

To Top