長期的に家を空けるならリロケーションをするのが得策

賃貸経営で赤字を回避

男性

メリットや保証料

賃貸経営では、家賃が滞納された場合、あるいは空室になった場合などには、利益が本来よりも少なくなります。たとえば家賃8万円の賃貸マンションを、5部屋所有している場合には、本来は毎月40万円の利益が入ります。しかしそのうちの2部屋で家賃が滞納されれば、利益は24万円になりますし、全室が空室となれば、当然利益は0円となるのです。しかも固定資産税などの維持費は、利益と関係なく発生するので、これにより赤字となってしまうこともあります。しかし保証会社による家賃保証サービスを利用することで、それを回避することが可能となります。なぜなら家賃保証は、月々の家賃を入居者ではなく保証会社が経営者に支払うというサービスだからです。これにより、滞納あるいは空室となっても、経営者にはその分の家賃も、保証会社から支払われることになります。ただしそこからは、約10%のお金が、保証料として差し引かれます。つまり利益が本来の90%になるということですから、家賃保証を利用する場合には、それを考慮して家賃を設定しておく必要があります。1部屋につき8万円の収入を求めている場合には、保証料として差し引かれる約10%を、あらかじめ家賃に加算しておくわけです。とはいえ、それによって家賃が相場よりも高くなってしまうと、入居率が下がる可能性があります。そのため家賃保証は、相場と希望する利益、そして保証料との兼ね合いを十分に考慮することが大事です。

To Top