長期的に家を空けるならリロケーションをするのが得策

マンションを快適に

集合住宅

共有スペースの管理を

マンションの住人は自分の部屋は自分で掃除をしたりメンテナンスをしますが、共有スペースやエレベータに関してはマンション管理会社に清掃やメンテナンスを委託することが多いです。マンション管理会社は数多くあり、質のいいところもあれば、融通が利かないところもあります。マンション管理会社と契約を結んだら長期間の契約になるので、快適な生活のためにも慎重に選ぶ必要があります。初めて契約するマンション管理会社ならば、最初の契約期間は半年程度にしておくと便利です。よいと思えばそのまま継続すればいいですし、イマイチだと思ったら違うマンション管理会社を見つけます。今契約しているマンション管理会社をやめて、違うマンション管理会社と契約する際は、3か月程度の準備期間が必要だと言われています。その間にマンションの住人たちにも周知しておきます。マンション管理会社は、マンションの設備の故障や不具合をいち早く発見して、適切な処置をしてくれる会社を選びます。なので、いちいち住人が言う前に気が付いてくれるスタッフがいる会社にします。修理や修繕の報告は、できるだけ詳しく書かれている方が好ましいです。故障したので修理したという報告よりも、何年間使っている設備がどういった原因で故障したのでどこをどのように修理したという報告ができる会社にします。契約する前に、その会社がどのような報告書のスタイルなのか確認することが大切です。契約によってマンション管理会社の業務の内容に差が出ます。あれもこれもやってもらおうとすれば費用が高くなりますし、最低限のことだけをやってもらおうとすると費用は安くなりますが住人たちの負担も大きくなります。契約書にサインをしたら決定事項になるので、サインをする前にきちんと自分の目で確認することが必要です。

To Top